JARFO

JARFOについて

物質的豊かさの限界を経験した私達が今、最も痛感させられている事は、『精神的豊かさの大切さと』、『人としての自浄能力の回復』ではないか?との思いから認定NPO法人京都藝際交流協会の活動は始められました。

理事長 石田 淨より

認定NPO法人京都藝際交流協会(JARFO)は、1992年から3年間、四国徳島県の一企業の文化芸術支援活動(メセナ事業)に携わった関係者を中心に1995年に組織された民間の任意団体である、Japan Art Forumを母胎として設立されました。

三大活動目的

藝 術 家 の 支 援

活動の場を求めるアーティストが発表できるスペースを提供するため、ギャラリーJARFO京都画廊(河原町今出川)、ART FORUM JARFO(古川町商店街)の運営を行っています。文化芸術活動を行う国内外の個人や団体に対して、企画展主催、協賛・後援、提携ギャラリー(東京・京都・四国・神戸の6ギャラリーと提携)への企画展推薦等々の支援活動を行います。

・JARFO京都画廊、ART FORUM JARFOの運営
・関西芸術系大学学生組織ヤンガーアーティストによる芸術活動の主宰
・海外交流事業「ARTRAINBOW PROJECT」のコーディネート(韓、独、英、伊、米 ほか)
・京都府、アートフリーマーケット実行委員会委員委嘱

産 藝 共 生 さんげいきょうせい

アーティストと企業の相互交流関係の促進を図りながら、企業の芸術文化支援活動の振興・普及に寄与する活動を行います。

・JARFO・京文博(文化博物館内)にてギャラリーショップ運営。作家商品を販売・紹介
・東山 古川町センター(古川商店街内)でのアートイベント開催
・京都府文化ベンチャーアクションプラン実行委員会委員委嘱
・在関西の芸術系大学生のインターンシップ実習受け入れ

藝 際 研 究 げいさいけんきゅう

作家と職人・美術と工芸などの「際(きわ)」を探ることを目的とした研究活動を2000年より継続。「藝際」や文化芸術的視点から「京都」を検証することを目的にした講座等を行います。近年では藝際における独自の芸術論として「間(あわい)」という新たな表現を構築しています。またアーティストを講師に迎えるアートアカデミーを開催しており、芸術を身近に体験できる教室として注目を集めています。

・JARFOアートアカデミーの開催(ヌードデッサン会、木版画教室、わたしのお地蔵様講座インタラクティブアート、アートで言語講座)
・「京都学・藝際講座」の開催
・ギャラリートーク・シンポジウムの実施

略歴

1992年  阿波の里アートフォーラム 発足
1995年  阿波の里アートフォーラム 契約終了
1998年  JAPAN ART FORUM 結成
1999年  ART FORUM JARFO 開設
2000年  特定NPO法人京都藝際交流協会(通称/JARFO)法人化
2005年  東山三条へ移転
2011年  認定NPO法人として認定(2016年11月30日まで)
2016年  河原町今出川へ移転

2016年9月10日  JARFO京都画廊(河原町今出川)グランドオープン
2016年9月16日  ART FORUM JARFO(古川町商店街)オープン

理事メンバー

理事長 石田 淨 Ishida Jo
副理事長 王 清一 Oh Seiichi
副理事長 片山 文雄 Katayama Fumio
理事 宇多田 直實 Utada Naozane
理事 高 尚赫 Kho Shokaku
理事 松下 康平 Matsushita Kohei
理事 河上 昌実 Kawakami Masami
監事 松原 知子 Matsubara Tomoko