現なき像

Technique

installation

Material

ink

Year of creation

2010





Concept

この作品は一つが人物のポートレイトとなっています。これらはデジタルによる加工を施し、コントラストで陰影と輪郭を強調させ、目や鼻や口などを見えにくくしたポートレイトです。その人物が誰であるのか、人間は私という主体性の前に肉体としての客観性を持っているというコンセプトがあります。




Share

Facebook