越えられるか、越えられないか Ⅰ


Material

poster color, bond ink, Xuan paper, panel

Dimensions (mm)

290 x 715



Concept

「越えられるか、越えられないか」
今回は「三水」を篆書にした形で、墨を使ったもの、そしてボールペンで書いたものを展示させていただいている。この2つの作品はもともと違うタイトルで作品発表をしたが、制作と思考を積み重ねる中で、モチーフは「三水」であり、川を表すという意味から生死を分ける三途の川とした。2017年に発表した「輪廻転生」シリーズの作品を再構築した。
高校2年の冬、祖父が除雪の事故で集中治療室にいる時「今日が峠だ」そんな言葉を聞き、記憶に残っている。峠を越えられば生きる。越えられなければ死ぬ。
上から墨を垂らしたり、ボールペンで上から下に線を積み重ね書いたりとする中で作品の外側上部がこの世、下部があの世を表しているとこの言葉から着想を得た。峠を越えられるか、越えられないか。それは鑑賞者に委ねられている。


Exhibitions



2022/01/20 (Thursday) ~ 02/13 (Sunday)



2022/04/08 (Friday) ~ 04/17 (Sunday)



Share

Facebook