存在
Existence

Technique

assemblage

Material

wood, metal

Concept

『存在』
作業場の隣の工務店の人が家をリニューアルするために壊して持ってきた物の中に、使い物にならないが、色、形、素材感の素晴らしいものが見つかります。
「私は何なのか」を探して制作をしている私に、そのことは人間の存在にどんな意味があるのだろうということをもう一度考える機会を与えてくれました。
使えるものに価値があるのは当たり前ですが、使い物にならなくなった物に、本来のそのもの自体が持つ存在感を感じた私は、その存在感のありようを考えるため、そのものの形や色を変えないで、ただ他の物との組み合わせをすることで作品を作りました。それが存在シリーズです。

I have found material with wonderful color, shape and texture in stuff that was among the craps that were brought by a builder who lived next door. He has broken a house for renewal. The creation activities searching for “What am I?” has given me a chance to think about that what kind of meaning exists in my activities once more. It is taken for granted that useful stuff has value.   I have felt the presence of the stuff itself has in the useless stuff. Then, to think about how that useless stuff exist, I have created my works only by combining the useless stuff with other ones without changing the shape and colors of them. This is my “Existence” series.




Share

Facebook