個展 Metamorphose -この醜くも美しい世界 -
Metamorphose

Technique

sculpture (resin)


Year of creation

2017





Concept

僕が問題にしていることは資本が全てをコントロールしている一方的な圧縮の生産体制の社会で、いかにして人間が人間足らしめる生を生産できるのかというこ とです。地球規模の空間の中であらゆる事情の原因となる政治によって人が身体が捨象されている世界にみえ、解放なき服従という抑圧された社会にあって、身体のパラダイムはより効率性を、より機械性を求める、このような世界の真っ只中に現存する私たちはあらゆる事情や情報に呑み込まれた五里霧中におり、それに気付かず闇雲に歩み続けているように思います。そして情報の摂取による、またあらゆる事情のネットワークによるプロテーゼというかたちでメタモルフォー ゼは現出する。それでも尚、捨象されたものの中には、けっして捨て去ることのできないものがあり、霧中でも隣で歩む人がいて、それ故に、身体は身近な愛を強烈に感じているのかもしれません。

掲載作品タイトル:「Monster」「Mother」「モンスターの子」




Share

Facebook