yuri inoue

井上 結理

イノウエ ユリ

Nationality: Japan

Artworks

Concept

人間が特に意識せずに物を使うことができるのは
物に対して知覚的な記憶(経験)を蓄積しているからだと考えられる。

また人間は身体の行動においても無意識に行っていることが多くある。
朝起きてから家を出て帰って眠るまで、または眠る事も含めて、
人間は全ての行動を自らの意識でコントロールしている訳ではない。

記憶するという人間に備わった機能を巧みに使って、
日々の生活に登場する物や行動を記号化して私たちは生活している。
おそらく、全てを考えて行動するというのは極度の負担であり
その負担を回避して過ごせるように。

写真や絵画あるいは空間的に
改めて表現として切り取られ提示されたとき
物や行動は記号化から解除される。
「そこに人間は何を思うのか」
これが私の興味であり、また制作への動機となっている。

Concept

People live using unconsciously every-day objects.

One can think that people use these objects without thinking twice thanks
to the sensory memory which enables to accumulate experiences.
People, often, are also not conscious of their body movements.

Since morning when people perform deliberately actions like waking up and getting out of the house,
till evening when coming back home and going to sleep, or even the sleeping itself,
it doesn’t mean that they actually have a real control over all these activities.

By cleverly using man’s remarkable capacity of memorization,
we turn everyday life products and activities into symbols.
Maybe it’s a way to avoid the heavy burden of thinking of all our actions in every detail.

Personal history

Solo Exhibition

2006 「ヌケガラ#1」 7-23ギャラリー京都
2007 「ブラウン管」 7-23ギャラリー京都
2007 「壁」7-23ギャラリー京都
2009 「はだいろ」 7-23ギャラリー京都
2009 「抱擁」7-23ギャラリー京都
2010 「ヌケガラ#2」立体ギャラリー射手座 京都
2013 「カーテン」 画箋堂3F 京都
2015 「またたく」 KUNST ARZT 京都
2016 「「μmの生命」/ Microbes make a "macro" world.」 KUNST ARZT 京都

Group Exhibition

2008 M1展 gallery fleur 京都
2008 Changwon Asian Art Festival 韓国 
2011 2011HOSOMI TO CONTEMPORARY 004-too contemporary art lob 細見美術館 京都
2011 源平屋島現代美術展 香川
2013 第1回 大竹翼展 JARFO 京都
2014 第2回 大竹翼展 JARFO 京都
2015 「Face Forward」 KUNST ARZT 京都
2018 ART RAINBOW PROJECT 2018 ロストック市美術館 ドイツ

Other
2008 自費出版 「 対論 tsuiron」

Collection
ロストック市美術館 ドイツ

Personal history

Biography

1985 born in Kyoto, Japan

2007 Graduated from Kyoto Seika University . B.A .Fine Art Oil-painting major

2009 Graduated from Kyoto Seika University Graduate School. M. A.Fine Art



Solo Exhibition

2006 「NUKEGARA#1」 7-23gallery,Kyoto

2007 「CRT-type televisions」 7-23gallery,Kyoto

2007 「the wall」7-23gallery,Kyoto

2009 「HADAIRO」 7-23gallery,Kyoto

2009 「hugs」7-23gallery,Kyoto

2010 「NUKEGARA#2」"CUBIC" gallery ITEZA,Kyoto

2013 「a curtain」 gwasendo 3F,Kyoto

2015 「in the twinking on an eye」 KUNST ARZT,Kyoto

2016 「Microbes make a "macro" world.」 KUNST ARZT,Kyoto

Group Exhibition

2008 M1 Group Exhibition gallery fleur, Kyoto

2008 Changwon Asian Art Festival,Korea 

2011 HOSOMI TO CONTEMPORARY 004-too contemporary art lob,Kyoto

2011 RSTEAS OF NIPPON GENPEI YASHIMA CONTEMPORAPY EXHIBITION,Kagawa

2013 The first TUBASA OOTAKE Group Exhibition JARFO,Kyoto

2014 The second TUBASA OOTAKE Group Exhibition JARFO,Kyoto

2015 「Face Forward」 KUNST ARZT,Kyoto

2018 ART RAINBOW PROJECT 2018 KUNSTHALLE ROSTOCK,Germany

Other

2008 publish「tsuiron」

Collection

KUNSTHALLE ROSTOCK


Exhibitions


Former JARFO Kyoto Garo
2019/11/01 (Friday) ~ 11/10 (Sunday)

Kamban’s House
2019/09/11 (Wednesday) ~ 09/11 (Wednesday)


Former JARFO Kyoto Garo
2019/03/01 (Friday) ~ 03/03 (Sunday)

Former JARFO Kyoto Garo
2018/12/07 (Friday) ~ 12/09 (Sunday)


Former JARFO Kyoto Garo
2018/08/14 (Tuesday) ~ 08/19 (Sunday)

Former JARFO Kyoto Garo
2017/12/01 (Friday) ~ 12/03 (Sunday)


Former JARFO Kyoto Garo
2017/09/08 (Friday) ~ 09/10 (Sunday)